ちゃんとはめていなかったりすれば

ハミガキがちゃんと出来ると歯の再石灰化がうまくいき、歯周病にならなくなるので、その価値を理解して時間を作ってきちんと勉強すべきです。

糖尿病と歯周病は普通に考えれば全く関連性がありませんが、両者はとてもつながりがあるのです。

糖尿病になると体の抵抗力が低下するので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなる人が多いのです。

また、糖尿病の患者は唾液の分泌量が減るので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、これも虫歯や歯周病につながります。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の治療にマイナスなのではないかと推測されています。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自分では分かりませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯周病と診断されたことで血糖値が高いことに気付くことがあるわけです。

糖尿病に限った話ではなく、口の中の健康は全身の健康状態に直結しているという考え方もよく聞きますので、ブラッシングは時間をかけて行うようにしましょう。

歯科で定期的に検診を受けるのは、とても大事なことです。なぜなら、虫歯になりたての時は自覚症状が乏しく、自分で気付くことはまれだからというのが理由です。

また、そもそも歯石を歯磨きで完璧にきれいにすることは素人には不可能なので、定期的に歯科検診を受ける必要があるのですが、ちゃんと分かっている人は20%もいないようです。

初診の歯科では、わざわざレントゲンを撮ることが、これはレントゲンでないと確認できない体の内部の状態を確認するためのものです。

定期的に検診を受けるのはお金のムダと思っているでしょうが、初期の虫歯に気づかず歯に穴が開いてしまい、入れ歯になるよりは良いのではないでしょうか。

定期検診は最低でも半年に1回くらいは受け、いつもの歯科を決めてデータを蓄積しておいてもらって、虫歯を作らないようにするべきです。

フッ素を用いた歯磨きを我が息子に使わせるのは危なくない?と心配をする父親が多くいます。

そのワケは、フッ素をあまりにも多く摂取すると、斑状歯や骨硬化症などの病状が出てくるかもしれないから、とのことです。
クリアネオ

フッ素は、一定の量を超えるような多量のフッ化物を含む水分を飲めば、身体に悪い影響がある可能性があるということは、歯科医の統一見解です。